よくある質問

Q

ED治療薬を飲むと性欲が高まる?

A

よくある誤解ですが、ED治療薬に性欲を高める作用はありません。媚薬のように興奮しやすくなることもありません。あくまでも血流を促進し、勃起を促す作用がある薬です。

Q

ED治療薬で必ず治る?

A

多くの場合、ED治療薬の服用でEDの悩みから解放されます。ただ、神経の障害が大きい場合や動脈硬化の程度がひどい場合などは、効果を実感しにくいかもしれません。

Q

実際のところ、男は何歳までセックスできる?

A

これは個人差があります。糖尿病などの生活習慣病に罹患している方や、その程度にもよります。50代で勃起しなくなる人もいれば、70歳を過ぎても勃起する人もいます(もちろん、若い時と同じというわけにはいきませんが)。いつまでも現役でいたいと思うなら、定期的に勃起する習慣をつけることが大事です。

Q

EDはいつまで治療が必要?

A

これも個人差があります。多くの場合、治療薬によって性行為がうまくいき、自信が回復されていくことで、治療薬無しでもセックスできるようになります。そうなったらもはや薬は不要になります。ただ、「またEDになったら……」という不安もあるはず。服用するかどうかは別にして、自分への御守りのような意味で持っているのも悪くはないと思います。また、最近の研究で、ED治療薬を服用し続けていると、血管内皮の機能が向上し、血流が良くなる→勃起しやすくなる、ということがわかっています。

Q

本来の診療科は何科?

A

部位的には泌尿器科でしょう。ただ、ED治療には羞恥心を伴うので、内科等でも診療を行っているクリニックはたくさんあります。ED専門外来と看板を掲げているクリニックもあります。

Q

費用が心配です。

A

ED治療は保険適用外なので、すべて自己診療となります。治療薬は1錠あたりの価格が表記されていますから参考にしてください。毎日飲み続ける類の薬ではないので、思ったほど高額ではないかもしれません。

Q

薬はお酒と一緒に飲んでもいい?

A

お酒の飲みすぎが勃起に影響することは以前からわかっています。あまり深酒にならないようにご注意ください。

Q

EDに効く食べ物は?

A

よくネバネバしたものがいいとか、ウナギは精力がつくなどと言われます。真偽のほどはともかくとして、食生活に気を配ることは大切です。特に生活習慣病に対する注意は意識するようにしましょう。動脈硬化がEDを悪化させるので、そうならないように注意してください。

Q

タバコはよくない?

A

喫煙とEDとのはっきりした関連は証明されていませんが、喫煙が血液の循環によくないことは周知の事実です。関連性はあると考えるのがいいでしょう。タバコはやめられるものならやめたほうがいいでしょう。

Q

EDの診察に触診や視診はありますか?

A

問診だけですからご安心ください。ズボンを脱いでいただく必要はありません。

Q

ED治療薬って「ポパイのほうれん草」のようなもの?

A

ポパイはほうれん草を食べると途端に筋肉隆々になって、急に強くなります。ED治療薬は、急に勃起させる薬ではありません。性的刺激がなければ勃起しません。そういう意味では「ポパイのほうれん草」とはちょっと違います。

Q

薬の飲み合わせはありますか?

A

特に心臓疾患の薬との相性があるので、かならず服用中の薬についてお話しください。心臓疾患の薬の多くは、血流を良くするために処方されています。そこにED治療薬でさらに血流を促すことで、低血圧に陥る危険性があります。どんな薬が処方されているかわからない方は、来院時にふだん飲んでいるお薬をお持ちください。

Q

自分に合った薬がわかりません。

A

まずは1錠から試してみましょう。飲んでみて、副作用を強く感じるような場合は体質に合わないのかもしれません。効果をしっかり実感できて副作用をあまり感じない薬を見つけましょう。

Q

ED治療薬を使用して妊娠した子どもに影響はありますか?

A

全く問題ありません。ED治療薬は不妊治療にも使われており、胎児への影響はありません。

Q

ED治療薬を飲んだ後はセックスしないと問題があります?

A

薬の成分はそのまま尿となって出てしまうだけなので、何ら問題はありません。